「テラフォーマーズ」あらすじと名場面集|テラフォーマニア!

「テラフォーマーズ」すごい人気です。ほとんどの国民が忌み嫌うあの生物を描きながら、まさかこんなにも市民権を獲得するなんて、一体誰が想像できたでしょうか。このサイトでは、「テラフォーマーズ」を1巻からリアルタイムで追い続けている自称“テラフォーマニア”の私が、各巻のあらすじと名場面集をアップしています。

terra18-001

未分類

【テラフォーマーズ18巻】ついに舞台は地球に!日本が危うい!

2017/01/08

「テラフォーマーズ」18巻の舞台は地球!日本には数多くのテラフォーマーが影を潜めていた。そんな中、対抗するのは膝丸燈が就職した民間警備会社一警護。日本には強い奴がまだまだいた!

terra18-001

★地球編でも見所満載!

「テラフォーマーズ」17巻で火星での任務は終了しました。

一息ついたところで少しは落ち着いたりつまらなくなったりするのかなと思いきや、18巻でいきなりの激闘が繰り広げられます。

舞台は地球。

日本に多く潜むテラフォーマーを討伐すべく、科学を駆使してテラフォーマーを倒しまくります。

地下に大量のテラフォーマーを発見した膝丸燈。しかし相変わらずのピンチ好きでいきなり瀕死状態になってしまいます。薬も使えない状況下で彼が撮った選択肢は、

「キマイラブラッドオペレーション」

えっ?え〜?何それ!

と言いたくなるようなまったく新しい変態の仕方にただただついていけないと思ってしまいます。しかも「人為変態」ではなく「天異変態」。謎が深まる新しい技術に、新しい知識を入れなければいけないと必死に読み返してしまう読者も多いのではないでしょうか。

★染谷龍大という男!

遺伝子操作をして人類到達点に君臨するジョーだけじゃない!すごいやつはやっぱりいるんです!

日本にもすごいやつはいる…!そう思わせてくれ、勇気を与えてくれるのが「テラフォーマーズ」18巻の醍醐味です。

その男の名前は、染谷龍大。

彼はなんとNFL(アメリカンフットボールの最高峰)から4億円という契約金を提示されたにもかかわらず断った逸材。しかもアメリカンフットボールをしていたところではなく喧嘩をしているところをNFLのスカウトマンに見られそう打診されたほど!それを断って自ら一警護に志願してきた強者です。

18巻

身長194センチ、体重165キロという大柄で柔軟性を備えます。

この18巻ではとにかく「強い」という印象しか与えられませんが、今後、膝丸燈の頼れる味方になることは間違いないのではないでしょうか。

「日本を守ってくれ!」

とお願いしたくなる人物です。さらに、染谷龍大はジョー並みの戦闘能力を誇るので、今後が見ものです。

★ジャパンランキング!

「テラフォーマーズ」18巻では新しく出てくるキーワードがたくさんあります。

今まで「ランキング」と言ったらやはり「マーズランキング」でした。「テラフォーマーズ」好きの読者でも勘違いしていることが多々ありますが、マーズランキングは強さのランキングではなく、テラフォーマーをどれだけ捕獲できるかというランキングです(ややこしいからもう強さだと思った方が分かりやすくて好きですが)。

それに対して「ジャパンランキング」というのは「どれだけ護れるか」というランキングです。まあこれもランキングが上位の方が強いと思ってもらっていいでしょう。

ちなみに上記であげた染谷龍大はジャパンランキング2位です(※膝丸燈は不明)。

祝杯

そしてこのジャパンランキングは変動するようです。このジャパンランキングは今後も「テラフォーマーズ」を面白くしていくことと思います。

-未分類